血糖値とは、そしてそれが高いのは何故、良くないのか

###Site Name###

血糖値が高いと体に良くない、そしてそれが時には糖尿病につながることがあると言うのは、多くの人に知られていることです。

しかしそもそも血糖値とは何なのか、そしてそれが高いと何故、体に良くないのかを理解している人は、少ないかもしれません。
まず血糖値ですが、これは血中に溶け込んでいるブドウ糖の濃度のことを意味しています。ブドウ糖は、ご飯やパンと言った食べ物の糖分を摂取して、それが消化されることで作られる栄養で、体を動かすためには必要不可欠なエネルギーです。

これはすい臓から分泌されるインスリンと言うホルモンによって、その濃度が一定に保たれています。

しかしインスリンの分泌量が低下したり、働きが弱くなると、血糖値は常時、高い状態になってしまいます。

NAVERまとめに関するお悩み解決にはこちらです。

では、何故、この状態が体に良くないのかと言うと、まずは高血圧につながりやすいためと言うことが挙げられます。

また血中に糖分が溢れてしまっているため、やたらと喉が渇くようになり、大量の水分を欲するようになります。
するとますます血圧が上昇し、それに伴い余分な水分を排出する役割を担っている腎臓にも大きな負担がかかるようになってしまいます。

血糖値のことならこちらのサイトが便利です。

更に血管に対してのダメージも大きくなるため、動脈硬化などに進行する可能性も出てきます。



更に血液が滞りやすくなることで、全身の細胞に必要な栄養が届きにくくなることもあります。
そうなると、特に末端の神経や細胞の働きが悪くなり、機能障害が発生してしまうおそれもあります。
ですからこのような状況にならないためにも、血糖値を常に安定させておくことは、とても重要なことです。